2018年07月07日

精霊と交流する風水

今日は風水の本を紹介します。

風水と住まいの精霊開運法 ― 私の風水は住まいの精霊さんからのメッセージ
風水と住まいの精霊開運法 ― 私の風水は住まいの精霊さんからのメッセージ


著者は、精霊という精妙な存在を感じることができたといいます。

しかし、この本を執筆した後、残念なことに出版される前に亡くなってしまったということです。

自らの精霊との交流ができる能力に加え、古神道、神仙道、いざなぎ流祈祷法などを組み合わせた独特な風水改善法を紹介しています。

一般の人も簡単に実践できるような内容も多く、風水に興味がある方なら読んで損はないと思います。

日本人が古来から行ってきた伝統的な行事を大切にすることで、精妙な存在との交流も深まり、運気の改善には役立つようです。

今日は七夕です。この本によると、七夕には神棚などに桑葉餅を飾るのだそうですが、桑葉餅、あまり聞いたことがないですね。。。
posted by スピラボ at 17:21| 山形 ☔| Comment(0) | 日本の霊能者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

玄武の夢をみた

桜井識子さんの『京都でひっそりスピリチュアル』が文庫化され、発売された。

京都でひっそりスピリチュアル (宝島SUGOI文庫)
京都でひっそりスピリチュアル (宝島SUGOI文庫)

文庫版ではいくつかの京都の神社仏閣について加筆され、新しい章が出来ている。その章で、神泉苑において、「玄武」に出会ったという話が書いてある。

しかも、玄武の写真付きである!

玄武とは、四神(玄武・朱雀・白虎・青龍)のうちの一つであり、亀と蛇が合体したような形で描かれる。

私は、この本の出版前に、桜井識子さんのサイトで玄武の写真を見て、衝撃を受けた。

空海さんプロデュース「立体占いの玄武」(リンク)

この写真に衝撃を受けたからだと思うが、数日後に玄武が出てくる夢を見た。

夢の中では、亀に蛇が乗っていたような感じだったが、最後に蛇が私をめがけて飛んできて、驚いて目が覚めてしまった。
posted by スピラボ at 20:43| 山形 ☁| Comment(0) | 夢の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

ヒスイ

小さなものですが、糸魚川翡翠の原石を手に入れました。

先日、「いい翡翠を風呂に入れるのは、いい女と風呂に入るように癒される」と言っていた人がいて笑ってしまいましたが、ヒーリング効果も高いようです。

霊的なダメージを受けた時に、翡翠に触れるとあっという間に回復できるとかいう話も。

日本ヒスイの本: 最高のパワーストーン
日本ヒスイの本: 最高のパワーストーン

翡翠や翡翠の歴史について深く研究されている方の本で、参考になります。
posted by スピラボ at 18:01| 山形 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

最もよく当たった占い

私が過去に体験した占いのなかで、最もよく当たっていると感じた占いは、不思議研究所が提供している徐さんの姓名判断です。

徐さんの姓名判断(リンク)

これは、名前を易の卦に変換して占うやり方です。

名前を易の卦に変換するというやり方は、過去に『人生の幸運をつかむ姓名易断術』という本も出ていてご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

人生の幸運をつかむ姓名易断術
人生の幸運をつかむ姓名易断術

私もこの本を手にしてみましたが、徐さんの占い方とこの本に書かれている占い方には違いがあります。

たとえば、一文字の名前の場合、画数に1を足すか足さないかということに違いが見られ、これが違えば、別の卦になってしまいますので、意味が変わります。

徐さんの占いの方があたっているので、こちらが、正しいやり方だと思います。

徐さんに占ってもらうときは、名前だけではなくて、生年月日や生まれた時間まで情報提供したので、完全に名前だけで占っているわけではないと思いますが。

さすがにあれだけあたっていると、宇宙や人生というのは五行によって動いていると改めて実感します。

さて、これを読んでくださった皆様に役に立つ情報を。

今年(2018年)は、五黄殺という万人にとってよくないエネルギーは北にあります。このエネルギーを抑えるには家の北側の窓の上に、鈴(鍵でもOK)の束をかけるとよいそうです。鈴は100円ショップで売ってますよ。

ところで、私は徐さんに、今年、日蝕・月蝕・流星を見るのはタブーだと言われています。

インドでも、蝕を見るのはよくないと言われますが、五行的に見ても、蝕を見るのがよくない(という時期もある)のですね。興味深いです。
posted by スピラボ at 21:37| 山形 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間万事塞翁が馬というマントラ

ある霊能者から聞いたことなんですが、その方は、辛いことがあったりすると、「人間万事塞翁が馬、人間万事塞翁が馬、人間万事塞翁が馬・・・」とマントラのように繰り返し唱えているということです。

なるほど、言霊の法則からすれば、これは、現在の苦境を後に幸運であったと思えるように転換できる可能性を秘めていますね。

あの小林正観さんも使っていたという「語源大辞典」でコトワザの語源を調べてみると・・・

語源大辞典
語源大辞典

コトワザ【諺】昔からの言い伝えの訓戒の句。もとは言語の技術、言葉の活用をいうべきものであった。謎も根原において一つのコトワザであったし、唱えごともコトワザの最も古い形であった。英語のプロヴァーブは、コトワザの中ではあるが、暗記によって存続したものである。ワザはワザウタ(童謡)、カミワザ(神為)などのワザと同系。神意の宿る詞の意


とあります。やはり、神意の宿るコトワザをマントラとして扱うということもできるということですね。
posted by スピラボ at 18:49| 山形 ☔| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

梅雨時期の体調不良

梅雨時期で体調不良に悩んでいらっしゃる方も多いかと思いますが、

私も家族も、なんだか原因のよくわからない体調不良で悩んでいたところ、

またまた透視カウンセラー風至さんに助けていただきました。

この情報は、皆さんにシェアしてよいと風至さんに承諾いただきましたので、みなさんにもお教えしたいと思います。

まず、家族がひと月前ぐらいから原因不明の蕁麻疹に悩まされておりまして、手足や唇が赤く腫れたり、かゆくなったりしていました。

医者に行っても原因がよくわからず、風至さんにみてもらったところ、直接的な原因はダニのアレルギーのようなのですが、内臓の疲れやストレスが引き金になっているようです。特に胆汁に毒素が溜まっているということで、食事を少なめにして、デトックスするのがよいということでした。

梅雨時期なので、ダニが繁殖するのでしょうが、布団掃除機で駆除するのも必要かと思いますね。

さて、私の方ですが、原因不明の長引く咳。六月の初旬に風邪を引いた後、ずっと咳だけが止まらず、苦しんでおりました。

なぜか、職場に行くと咳がでる。ってことはこれもストレスか・・・と思いましたが、どうやら、エアコン(冷房)による乾燥が原因のようです。

たしかに、エアコンをかけ始めた時期と咳が出始めたときは重なっています。

対策としては、どろっとした少し糖分の入った飲み物を飲むとよいらしいです。ウーロン茶のような油を落とすような飲み物は、喉のうるおいをそぎ落としまうようです。

ぜひ皆さんも参考にしてみてください。

それにしても、風至さんの透視能力は凄まじいとしかいいようがありません。

他の霊能者との違いは、質問した後に答えを出すまでのスピードだと思います。目をつぶって何かを考えているような時間がまったくありません。その素早さに彼の能力の鋭さを感じます。

透視カウンセラー風至のホームページ(リンク)
posted by スピラボ at 19:46| 山形 | Comment(0) | 日本の霊能者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

小腹がすいたらコレ

職場で小腹がすいたときに何を食べるか。

勤務時間中に音が出るものをボリボリ食べるのもどうかと思いますし、

白砂糖や添加物が入ってるものもいやだし、、、

いろいろ探して、これに行きつきました。

デーツクラウン デーツ ( ナツメヤシ / 無添加 / 砂糖不使用 / 非遺伝子組換え / ドライフルーツ / Khenaizi 種 ) … (500g)
デーツクラウン デーツ ( ナツメヤシ / 無添加 / 砂糖不使用 / 非遺伝子組換え / ドライフルーツ / Khenaizi 種 ) … (500g)

デーツ、ナツメヤシの実です。

砂糖不使用ですが、とても甘く、飽きがこない味と言えると思います。

デーツは「神の与えた食べ物」とも言われ、あのムハンマドも好んで食べていたと言われていますし、

エドガーケイシ―が、夢の中で蘇ったミイラから聞いた霊的な食べ物 ”マミーフード” の構成材料にもデーツが含まれています。

スピリチュアルなエピソードに事欠かない、興味深い食べ物ですね。
posted by スピラボ at 19:11| 山形 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

取り扱い要注意人物

言ったことが現実になる。

というような能力はあると聞いたことがありますが、普通の人にそういう能力がついてしまったら、極めて危険です。

そういう能力はインドなら「シッダ」と呼ばれるような、極限まで意識が進化した人間にしか与えられないでしょう。

さて、「聞いたことが現実になる」という能力ってあるんでしょうか。

そういう能力もあるのかもしれません。でも、そんな能力は、言ったことが現実になるという能力よりもさらに危険ですよね。すれ違った人が何か怖いことを言ってそれを聞いてしまったら・・・と考えると、そんな人野放しにできません(笑)。

街のなかを歩いていて、すれ違った人が宝石の話をしていたのを聞いた直後に道端に宝石が落ちているのを見てしまう・・・ぐらいならかわいい創造なのですが。

そんな人、おとぎ話のなかじゃあるまいし、いるわけないですよね。

いや、現実にいたとしても、ヒマラヤに生きるシッダとか、遠い遠いお国のお話でしょう。

インドの山奥じゃあるまいし、まさかね、この日本にそんな人生きてるわけないでしょう・・・。

ところがです!

なんと、そんな能力がある人が今、日本に生きているという話を聞いてしまいました。

その人に願いを言うと、その願いが現実化してしまうというんです。

その人は、願いを聞くだけで、特に何をするわけでもないらしいんです。「聞くだけ」。

そんなの信じられます?

まぁ1回や2回なら「偶然ですよ、偶然。」で片づけられてしまいます。

でも、「偶然」で片づけられないほど、そんなことが頻繁に起きて、それを周囲の人が何度も目の当たりにしてしまうと、え?まさか!?となるでしょう。

この人は本当に現実を作り出す力があるんじゃないかと、ちまたで騒ぎになっている。

で、「リアル神様」とか呼ばれちゃってるんだそうです。

危険ですよね〜。そんな人が本当にいたら極めて危険です。だって否定的な情報なんか街中にあふれていて、どこからでも聞こえてくるじゃないですか!

でも逆にですよ、この人に「世界平和、地上の楽園」をテーマにした映画を繰り返し見せれば、速やかにパラダイスが具現化するかもしれないわけです。

つまり、無限の可能性を秘めた「取り扱い要注意人物」なわけです。

会ってみたいですよね〜。

「リアル神様」をキーワードにググってみてください。

会ったとき、彼が一つだけ願いを叶えてくれるとしたら、みなさんどんなことをお願いしますか?

え?私? もちろん調査に向かいますよ。
posted by スピラボ at 20:03| 山形 ☔| Comment(0) | 日本の霊能者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

おすすめの本2冊

今週読んだ2冊の本がとてもよかったので紹介させていただきます。

ぼくはエネルギー体です -
ぼくはエネルギー体です -

1冊目は、神原康弥さんの『ぼくはエネルギー体です』。2歳のときに脳症にかかり、重度障がい者となるも、母親と筆談、指談というかたちでコミュニケーションをとりながら、深いメッセージを世の中に伝えている方です。

この本は、こんな人にお勧めします。

☆ 宇宙の根源ともいえるような深いところにアクセスできる人のメッセージを読んでみたい。

☆ 自分に合ったヒーリング、瞑想の方法を探している。

☆ オーラについて興味があり、「魂の色」や「感情オーラの色」について知りたい。

☆ 100年後の日本の未来がどうなっているか知りたい。その過程で東京にどのようなことが起きるのか知りたい。100年先を見据えて、自分がどう行動していくかの指針にしたい。

神様の力を借りて、人を癒やす法 -
神様の力を借りて、人を癒やす法 -

2冊目は、御年94歳のスピリチュアル・ヒーラー小菅太玄さんの『神様の力を借りて人を癒す法』。長年神道の修行と鍼灸治療師を続け、どうしたら人を癒せるのかを探求してこられたこの分野の第一人者と言ってよいでしょう。

この本は、こんな人にお勧めします。

☆ スピリチュアル・ヒーラーになりたい。

☆ 人を癒す職業に就いているが、治療をしていてもなかなか効果が上がらないし、自分も疲れてしまっている。

☆ 自分自身を癒す方法を知りたい。神様とつながって、パワーを受け取りたい。

☆ 願望実現の方法を知りたい。

☆ 自分に合った瞑想法や呼吸法を探している。

☆    和解したい人がいるけど、何らかの事情でその人とはもう会うことができない。
posted by スピラボ at 18:29| 山形 ☁| Comment(0) | 日本の霊能者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

風邪の苦しみの中で

長引く風邪の症状に苦しみながら、うつらうつらとしていた。

トランペットの音色が聞こえて、その音に集中していると、その音は私がコントロールできるようだった。

音に集中し、心地よく曲を作っていると、なんだか身体が浮いてきたような・・・

あ、これは昔よく味わった幽体離脱?の感覚・・・

と思った瞬間、がばっと上半身だけ起き上がった。そう、身体は寝たまま、幽体が。

あ、やばい!と思った瞬間スローモーションで、幽体は身体に覆いかぶさるように戻った。

もう10年以上もご無沙汰だったこのリアルな感覚。

そういえば、初めてこの感覚を味わったときの話を書いたっけ。(リンク)

また、あのときのように、「おいで」って呼ばれてみたい。

みんなの幽体離脱 -
みんなの幽体離脱 -
posted by スピラボ at 17:52| 山形 ☁| Comment(0) | 夢の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする